メニュー

お知らせ 概要・組織・メンバープロジェクトアウトリーチ・教育現場の支援お問い合わせ現在募集中の活動(お申込みはこちらから)ロボットと未来研究会[NEW]ロボットと未来研究会 自由が丘研究室ロボットと未来研究会 押上研究室【ワークショップ】一日研究会など【キャンプ】STEMキャンプ参加募集中!【学校教育との連携プロジェクト】【社会教育との連携プロジェクト】【STEM教員養成プロジェクト】【世界算数×STEMイノベーション2016春】【ロボカップジュニア】【FIRST LEGO League】【宇宙エレベータ】【レスコンシーズ】【ロボット教材開発】【メディア関連情報】
132260

概要(Overview)

センターの目的(Goals of STEM Education Research Center)

 STEM教育研究センターは,教育方法および指導者育成に関する研究の専門家を中心に,外部共同研究機関や大学周辺地域を始めとする多くの教育現場と連携しながら,次のことを目指します。
  1. ものづくりの活動を通した教育方法に関する研究開発を行う
  2. 従来の科学技術教育,理数教育を捉え直し,STEM(Science, Technology, Engineering and Math)教育として学習内容の体系化を進める研究開発を行う
  3. 学校教育,社会教育で求められるSTEM教育を指導できる,指導者育成の内容と方法に関する研究開発を行う
  4. 研究を推進するために,開発した新しい教育活動を実証研究するフィールドを大学内に設置する
  5. 国内外の関係研究機関と連携してSTEM教育について国際的に情報発信できる研究拠点を形成する

これまでの活動⇒これから目指す方向性(Past and Future)

 これまで,平成13年度から,本センターのベースとなる総合研究機構プロジェクト(研究スペース)「『SCCIP ものづくり教育センター』:ものづくりを通した科学技術教育研究拠点構築プロジェクト」を継続して来ています。すでに,地域の学校や保護者,また社会教育関係団体などへのものづくり教育センターの存在が認知されるようになってきています。専門分野を究める研究的側面だけでなく,その成果を社会に還元するアウトリーチまで含めて考えるのが,理工学研究と教育研究の違うところであると考え,研究開発とアウトリーチの循環を作り出す,新しい教育研究センターとして本センターを埼玉大学を代表する研究開発拠点として育てて行きます。
 

スタッフ・組織構成(Staffs and Organization)

スタッフ

  センター代表者
 野村 泰朗(教育学部 学校教育臨床講座 准教授)

※学校現場の先生方や,埼玉大学内外の大学教員を始めとする研究者,実践者が研究スタッフとしてプロジェクト毎に加わっています。詳細は,各プロジェクトをご覧ください。

組織

 本センターは,3つの部門で構成されています。相互に協力してセンターの活動を運営しています。

教育方法研究部門:統括 野村泰朗(教育学部)他 学内研究者

目的:STEM教育における指導方法に関する研究開発を行う。また,指導者育成に関する内容と方法に関する研究開発も行う。
連携:教育学部学校教育臨床講座教員,理科教育・家政教育・保健体育・技術教育等教員など

STEM教育研究部門:統括 永澤明(理学部)他 外部研究者

目的:STEM教育における学習内容と教材の研究開発を行う。
連携:教育学部理科教育講座教員,技術教育講座教員,
   埼玉大学科学者の芽プロジェクト,
   米国タフツ大学CEEO,MITメディアラボスクラッチプロジェクト ほか

アウトリーチ実践部門:統括 外部専門家 他

目的:STEM教育研究の成果を地域の子どもたちや指導者,保護者に提供するとともに,国内外の関係機関と連携して研究成果を発信する。また,埼玉大学が文科省から受託する「未来の科学者養成講座」プロジェクト(科学者の芽プロジェクト)における,小中学生への導入教育の提供,高校生に対する特に情報分野での専門教育を提供する。
連携:NPO青少年科学技術振興会(First Japan),
   NPOロボカップ日本委員会(ロボカップジュニア埼玉ノード),
   埼玉大学科学者の芽プロジェクト ほか

外部評価組織(アドバイザリーボードAdvisory Board)

 本センターの活動について,客観的な立場からご意見,アドバイスをいただく方々をお願いしています。

(現在組織中)