メニュー

STEM教育研究センターについてミッションプロジェクト体験・お申し込みお問い合わせ・情報発信
404384

活動日誌

ロボットと未来研究会
12345
2018/11/09

【イベント告知】慶應義塾SFC Open Research Forum 2018 「ケアのSTEM教育」

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)
【イベント告知】
センター代表の野村が11月23日(木)に東京ミッドタウンで開催される慶應義塾SFC Open Research Forum 2018 の「ケアのSTEM教育」の分科会にて登壇します。
今年度より看護(ケア)とSTEM教育というテーマで共に研究活動をしている慶應義塾SFCの藤井先生などと一緒に看護におけるSTEM教育の可能性について議論していきます。

当日は学生によるSTEM教育体験ブースも設けますので、お子様はそちらのご参加いただけます。入場無料ですので是非お気軽にご参加ください。
詳しいご案内はこちらをご確認ください。


15:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/10/14

宇宙エレベーター競技会 関東予選2@中央大附属中高

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)


宇宙エレベーター競技会@中央大附属中高


10月14日に第6回宇宙エレベーター競技会の関東予選大会2が中央大附属中高で開催されました。ロボットと未来研究会からも2名の研究員がチームを組んで参加しました。




宇宙エレベーター競技会は今年で6回目を迎えます。ロボットと未来研究会の研究員も1回目から参加していますが、毎年参加チーム数は増え、今年は関東予選会2回、関西予選と全国大会、大分大会、九州大会、東北大会が開催されます。

ロボット教育の隆盛と宇宙エレベーターに関する社会的か関心の高まりが影響しているのではないでしょうか?
宇宙エレベーターロボット競技会ホームページ














今回の参加チーム「宇宙のタクシー」の目標は

ズバリ”ロボットの軽量化”です。


メンバーの2人とも宇宙エレベーターを普通に打ち上げるだけならできる。という自負はあったので、さらにそのロボットをいかに軽量化するかということを課題に半年間の研究に取り組みました。


宇宙エレベーターの軽量化は研究的に重要な課題です。1gの違いでも実際の宇宙に打ち上げるためのコストには大きな差が出てきます。ですので、今年から宇宙エレベーター競技会のルールにも

(1200-ロボットの重量[g])+(運搬した球の数-落下した球の数)25

という得点の計算がされるようになりました。

結果としてはロボットの重さは528gとなり、1200g(上限の規定ではないですが)の半分くらいの重さになりました。



ここに至るまでには研究員の半年間の研究のプロセスがあります。。。。。




特にポイントは

プロトタイピングをした上で、要らないパーツを減らしていく。

というアプローチだそうです。(33期の発表会でまとめてくれていました。)



最初から少ないパーツで作ろうとするとうまく登らないので

最初はちゃんと登るエレベーターの形をいくつか検討します。



そしてその中から一番いい形を選び




そのモデルから不要なパーツを外す、違うパーツに替える。

というプロセスを経て、軽量化しながらしっかり登る宇宙エレベーターを完成することができました。








今回、1回目の試走ではなぜかロボットが途中で止まってしまうという問題が発生しましたが、2回目までに見事に修正し、荷物(ピンポン球)をステーションまで運ぶことができました。









惜しくも全国大会に進めなかったので宇宙エレベーターの競技会はこれで終わりですが、このようなロボットの作り方、研究の進め方はこれからの彼らの活動におおいに役に立つでしょう。

ロボットと未来研究会(特に研究コース)での活動の進め方のポイントは「学び方を学ぶ」ということです。自分にとってより良い・やりやすい学び方を自分で見つけて調整していくような学習をできることを研究コースでは目指しています。




また今回は日本大学の青木先生がスーパーバイザーとしていらっしゃっていました。2人の研究員は自分たちの宇宙エレベーターのことやこれから参加するFLL(今年のテーマは”月”)について積極的に先生からアドバイスをもらっていました。

第一線の研究者から話が聞ける貴重な機会もこの大会を通して、得ることができました。



二人の今後の研究にも期待です!!!!

(日大の青木先生と)



21:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/10/12

ロボコン体験ミュージアム@科学技術館(シーズン2)

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)

NHKエンタープライズ 科学技術館の主催する
「ロボコン体験ミュージアム」のシーズン2が11月17日(土)〜12月9日(日)に実施されます。埼玉大学STEM教育研究センターも運営協力をしております。

今回も小学生ロボコンの体験イベントが実施されます。
事前お申し込みが必要ですのでホームページをご確認ください。こちら
robocon_museum_2018.pdf








10:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/10/04

さくらサイエンスプラン =タイ教員向け研修=

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)




センターでは2016年より独立行政法人科学技術振興機構(JST)の「日本・アジア青少年サイエンス交流事業・さくらサイエンスプラン」を採択し、タイの教育機関(IPST)と連携し、公立教員向けのSTEM教育に関する研修を実施しております。

今年は3ヶ年計画の3年目の研修として、9月25日~10月4日にタイから11名(教員10名、IPSTスタッフ1名)が来訪し、10日間の研修を実施しました。


研修の中では

・日本型STEM教育に関する講義

・日本型STEM教育の授業作り、実践

・日本の公立学校見学(小中高)

・日本文化の体験(観光)

を実施しました。



タイではSTEM教育というのが1つのキーワードとなっており、積極的にSTEM教育が推進されています。全国に十数校のSTEM教育の推進校が設置され、新しい実践の蓄積が行われています。今回、参加した先生方もタイ全土から選抜された先生たちが参加しました。




今回は

川口市立戸塚小学校

川口市立安行小学校

さいたま市立浦和中学校

埼玉県立浦和北高校

の4つの学校に訪問させていただき、授業・学校の様子や先生方との意見交換の機会を設けさせていただきました。

http://www.m-urawa.ed.jp/index.cfm/1,0,123,161,html

(浦和中学校HPより)


教育実習生の授業を見学させていただだきました。











また実際に日本型のSTEM教育について学び、実際に授業をし、授業研究をします。

2回の授業を行い、1回はさいたま市教育委員会の協力のものと国際ジュニア大使58名に参加していただき授業を行いました。



その授業の反省をもとに次は大学1年生向けに授業を実践しました。


2回の授業を通して自分たちの実践をアップデートしていきました。









また浅草で食品サンプルを作ったり、日本未来館に行ったりと日本のテクノロジーに触れる経験をし、様々な角度から日本の文化について学びました。







タイの教員向けの研修は今年で3年目を迎えて、センターでも継続的に各先生方の学校、授業を周りアフターフォローや新しい実践について一緒に検討しています。大切なことは1回きりの研修に終わらず、継続的に教育について検討し、実践を積み重ねていくことできるコミュニティ作りをしていくことが大切だと考えています。


センターでは国内、国外がSTEM教育や、プログラミング教育などに関する教員向けの研修を実施しております。(インド、タイ、スリランカなど各国で実施)またセンターが中心となり教員コミュニティ作りを進めています。
学校の研究課題や各クラスの授業でプログラミング教育をはじめたい、総合学習の時間にものづくり活動を取り入れたいなどの希望がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。センタースタッフが現場の教員の方の活動をサポートします。



14:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/25

夏のSTEM CAMP@さいたま 宇宙エレベーター

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)




8月23、24日(木、金)にさいたま市下落合コミュニティセンターにて

夏のSTEM CAMPを実施しました。


今回のテーマは「プラダンロボットで宇宙エレベーターを作ろう」です。


いつものプラダンロボットで


テザー(ロープ)を伝ってステーションまで登ることのできる

宇宙エレベーター作りに挑戦しました。







今回はロボットの構造に注目したものづくりです。

ロボットが登るためには

・テザーの挟み込み

・テザーがずれないようにするためのガイドの位置

・ロボット全体のバランスと強度


などたくさんの部分を考えながら作っていかないといけません。


今回のCAMPで研究員が作った作品をどんどん紹介していきます!!














挑戦をしながら何度も作り直します!




エレベーターが上がるかどうか
ハラハラドキドキです!







16:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/08/22

夏の国際STEM CAMP@インド

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)


夏の国際STEM CAMP@インド


815日~21日の1週間、インドにて夏の国際STEM CAMP@インドを実施しました。今回は高校2年生6人、小学校6年生1名、高校教員1名の8名とセンター代表の野村、事務局の小山の計10名での実施となりました。



今回はインドの2都市を周り、現地の学校(2校)で現地の生徒と一緒にSTEM Roboticsワークショップ実施、発展著しいインドのIT産業について知るための企業訪問やインドの文化に触れる体験を行うことを目的として実施しました。



15日成田空港に集合しました。

参加者の中には”初めての海外旅行”という参加者もおりなかなか刺激的なCAMPになるのではないでしょうか。

最初の目的地、ムンバイまでは11時間弱のフライトです。






インドは8月は雨季なので気候は終日曇っており、蒸し暑い。

時折降るスコールのような大雨。

ただ暑さでいうと日本と同じくらいという感じです。




インドに行くと空港を出た瞬間に

なんとも形容しがたい”なんかインドの匂い!”がします。(個人の感想です。)


交通渋滞の中、タクシーで無事ホテルにチェックインして1日目が終了です。

ちなみに8月15日はインドの独立記念日だったそうです。


(初日は独立記念日のためベジタリアンの食事)









2日目はインドのインターナショナルスクールにて

ワークショップとプレゼンテーションなどの交流を行いました。















そのあとイスラムのお寺

ハジ・アリ霊廟へといきました。







3日目はムンバイの観光です。

ムンバイはイギリス植民地時代の名残のある建造物がたくさん残されています。

西洋にいるような趣と

インドの文化のマッチングを感じる不思議な雰囲気でした。

インド門



タージマハールホテル



色々な建物


ムンバイ大学の時計台

(ビッグベンがモデルらしいです)




そしてその足で空港へ

次の目的地のバンガロールに向かいます。











そして2つ目の目的地はバンガロールです。

バンガロールはインドのシリコンバレーと言われ

インドのIT産業の中核を担う年です。


世界中のIT企業を始め

多くの日系企業もバンガロールにインド支社を置いています。





そんなバンガロールでも

初日(4日目)には現地の子どもたちと一緒にワークショップを行いました。

参加者の皆さんは2回目の英語でのプレゼンテーション、少しは慣れてきたようです。










そして5日目はバンガロールから150kmほど離れた街

マイソールに行きました。

マイソールは旧マイソール王国があったところらしく、

王宮などを見学しました。














最終日となる20日はバンガロールのIT企業を訪問しました。

1社目は「MindTree」という会社です。こちらは企業のwebサービス全般のサポートを行う会社で、クライアントとしてアメリカやヨーロッパの企業が多くいるらしいです。また”カリンガ”というユニークな社内教育を行なっているらしいです。社員の方とディスカッションさせていただき、インドの産業の特徴や、日本との違い、エンジニアになるために必要な力や、今度の人工知能などについてお互いの考えを深めることのできる訪問となりました。






2社目は言わずと知れた「Intel」です。企業の紹介や、実際のエンジニアが働く現場を見学させていただきました。アジアでも最大規模の拠点の一つだそうで。多くの従業員が4つのビルディンの中で働いているそうです。




2社の見学を終えて、渋滞の中急ぎ足で空港へ向かいました。

その後、バンガロール  デリー 経由で無事成田空港に帰国し、CAMPは終了しました。









僕個人として

今回のCAMPを通じて考えたことは「コミュニケーションの大切さ」です。

インドは人口は10億人を超えています。国土も広く砂漠があったり、北はヒマラヤ、南は熱帯とそこに住む人の生活や文化は多様性に富んでいます。「インドに行くと人生観が変わる」と言いますが、人々を引き込むようなある種の文化的なカオスさがインドの大きな魅力でしょう。

公用語はヒンディー語ですが、ローカルの言語が州ごとにあるそうです。(40以上)

そして英語を話すことができる人が多いのがインドのイメージです。(実際は英語が話せる人は2割くらいで、社会的な格差が反映されているようですが、それでも2億人ですが。。。)

インド人の英語はヒングリッシュと言われて、とても訛りが強いです。(中には綺麗なイギリス英語で話す人も多くいます。)




個人的な印象すが、「インド人は押しが強い!」という感じがします。

訛りの強いヒングリッシュでガツガツ喋りかけて来るのがインド人というイメージがあります。

おみやげ屋さんに行った時も、店員さんのアピールが激しい

レストランに行った時もやたら、「美味しかった?」「デザートはいらない?」と聞いてくる


そしてワークショップをやっている時もインドの子どもたちは

自分の考えを主張・表現する

課題を成功させることにとても貪欲

という印象を受けます。


人口が日本の10倍以上いる中で自分をどのように表現し、意見を主張するか、アピールするかということがインドの中では重要な問題になるのでしょうか?また経済発展著しいインドの若者はこれぐらいハングリーなのでしょうか?

何よりこの押しの強さが今のインドの勢いの重要な要因かもしれない個人的には思っています。



今回、訪問した学校でも、生徒たちが自分たちのRboticsの活動についての紹介をしてくれましたが、そのプレゼンもとても上手なプレゼンでした。

そして何より、ワークショップの最後で行うプレゼン(成果発表)ではインドの子どもたちは日本の子と比べても積極的に自分たちのアイデアやロボットについて熱心に説明する姿が印象的でした。例え、ロボットが動かなくても、”こうしようと思っていた””もっとこうしたらいいと思う”など簡単には諦めずにしっかり自分のアイデアや、意見を説明しようとしていました。(これはインドから来る生徒に対してはいつも感じます。)



今回、日本からの参加者も自己紹介、学校紹介、日本の文化の紹介などを分担して準備し、インドの子どもたちに対して発表するという機会を設けました。

英語を喋れるかどうかという点についてはまだまだ自信がないようでしたが(実際は英語のスキルは十分だと思います。)、それ以上に自分の考えを的を絞って、またアピールポイントを強調して伝える。という点について日本の子どもたちの発表はまだまだ改善の余地があるような感じでした。



日本人は英語が苦手という体感やイメージがありますが、実際は今回の高校生も含めて日本の英語教育はある程度優秀だと感じています。それ以上に日本人は自分の意見や考えを伝える、表現するという英語で”何をするか”というところが苦手なのではないかと日々感じています。

日本人は文化的に自己主張するのが苦手とはよく言いますが、これは教育の1つの課題だと思います。

・自分の考えを主張・表現する機会を教育の中でどのように作ることができるか

・また自分の考えを持ち、主張することができるような環境が作れるか(考えや意見の多様性が尊重されるか)

という、発信する側と同時に、受け取る側の姿勢を教育の中でもしっかり作っていくことが大切だと感じました。日本ではKY(空気読めない)なんて言葉があるようにいかにその場や相手のへの配慮するのが美徳と言いますが、これからの社会の中ではこれが仇になるかもしれません。


アメリカもインドも文化の多様さの土壌が自分の意見を主張できるかどうかという部分につながっているような気もします。教育において必要なことは一方的に自分の意見を主張する力を育てるよりは聞く態度、受け入れる姿勢(=文化)をどのように作っていくかということがポイントになるのではないかと思います。



ロボットと未来研究会でももうすぐ第33期の最終発表会です。

その中で研究員がそれぞれに自分のやってきたことを振り返り、まとめ、発表する。またそれを他の研究員が関心を向けて聞くことのできるような環境づくり、支援をを発表会に向けて進めていければと思います。子どもたちが自分の興味関心に基づいて研究に熱中できるためにロボットと未来研究会をどんな環境にしていくか、どんな文化を作るかが大切だと感じました。

海外に行くとないものなダリになったりすることも多いのですが、(===の教育はここが良かった、日本は====すぎるなど)外から客観的に自分の国をみることで考えることいい面、悪い面どちらをとってもはたくさんあります。STEM CAMPの経験を通して、そのような多様性に寛容な視野を持つ研究員が一人でも増えレくれればと思います。


現在、次回のSTEM CAMPを中国・深センで計画中です。

乞うご期待!!



文責:小山航太



09:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/13

【告知】STEM Education Conference 演劇ワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)

STEM Education Conference にて教育学部野村研究室4年の桑原さんが【演劇】を題材としたワークショップを実施します。演劇を用いて新しい教育的知見を研究する、卒業研究の一環として行うワークショップです。
詳細は以下になります。ぜひご参加お待ちしております。

・タイトル

異と出会う~隣の人と1歩近づくための演劇ゲーム~


・日時
8月26日(日) 13:00〜

・人数

10人程度


・時間

110分~120


・対象

子供から大人まで


・概要

日本人にとってあまり身近ではない演劇ですが、この演劇を通して最近よく耳にする「コミュニケーション力」を高めることができます。例えば,「相手の気持ちをわかることが大事って言われるけどそれってどういうこと?」という疑問を演劇を通して一緒に考えることができます。相手が何を考えているのかわからない!という気持ちは人を悩ます大きな原因の一つですが、さらに,「じゃあ,そんなよくわからないことを考えているいろいろな人とどのように付き合っていけばいいの?」という疑問も演劇を通して一緒に考えることができます。

このワークショップでは,誰でも手軽に楽しめる3つの「演劇ゲーム」を通してこのようなコミュニケーションに必要な力を高める活動を行います。やり方も同時に学べるので,帰ってからご家族やお友達と楽しんでみることもできます。夏休みの日記の題材や作文創作のヒントにも!

演劇を通して,他人の世界を感じ、自分の世界を伝えるきっかけを作れると信じる大学生による卒業研究の一環のワークショップです。

ぜひ,これを機会に演劇の魅力的な世界に,足を踏み入れてみてください!



・講師プロフィール 桑原南

埼玉大学教育学部4年。中学時代から舞台に立ち、高校では演劇部部長として高校演劇に打ち込み、ブロック大会出場経験も持つ。大学進学を期に上京し、東京で様々な舞台に出演。今年5月には東京学生英語劇連盟ミュージカル「The Wiz」でアシスタントディレクターを務めるなど女優以外の役職も経験。演劇が人を生きやすくするため、心を豊かにするために有効であることを信じ、卒業研究とその先を見据えて研究をしている。


10:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/04

ロボコン体験ミュージアム@科学技術館

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)

2018年8月4日(土)〜26日(日)までの間、科学技術館(九段下)にて行われている

ロボコン体験ミュージアム
主催 NHKエンタープライズ 科学技術館

http://www.official-robocon.com/museum/

にて、小学生を対象とした「ロボット作り体験」のワークショップを行なっています。
惑星探査ロボットを作ろうというテーマで、プラダンを使ったオリジナルのロボットを作り、段差を越えていけるように改造していきます。これから始まるNHKロボコンの小学生版の実施に先駆けたプレイベントとなっているそうです。
事前予約はこちらのサイトより一週間前から受付です。
ぜひご参加ください。





10:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/07/27

STEM CAMP@さいたま =プラダンロボットでサッカーに挑戦=

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)







7
2627日(木・金)にさいたま市の大宮工房館にて

STEM CAMP@さいたま=プラダンロボットでサッカーに挑戦=

を実施しました。


1年生~中学2年生までの14名が参加してもCAMPとなりました。




まずプラダンを切って


モーター、タイヤを組み合わせて

ロボットの車体を作ります。








そして

センサーを取り付けます。

今回は床の白い線を見るためのセンサーと

ボールを見つけるための赤外線センサーを取り付けます。












そしたらプログラミングをしてロボットを動かします。

実際はバランスパーツを取り付けて

ロボットをまっすぐ走らせるのも一苦労です。


ブロックや組み立てキットを使ったロボットでは

説明書通りに組み立てればロボットは大体動きます。


ただ実際のモノづくりでは

自分で設計し

工具をうまく使って長さを図り

正確に加工することが大切です。









今回のポイントは

白線を見つけるため、ボールを見つけるためのセンサーの数字の設定

でした。





ロボットのどこにセンサーをつけるかや、

周りの環境によってセンサーは影響を受けてしまいます。



それを計算しながら何度もプログラミングをします。








CAMPでは2日間かけて

みっちり、じっくりロボット作りの取り組みます。

ご飯もみんなで食べて


みんなでホテルに宿泊します。






そして時間の許す限り

ある意味ストイックにロボット作りに取り組みます。




そんな活動の中にロボットつくりの”楽しさ”が見つかるのかもしれません。




STEM CAMPでは
自分でじっくり考えて苦労しながら取り組む

貴重なものづくりの体験を目指しています。




14:12 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/07/16

埼玉大学教育学部授業公開day

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)

埼玉大学教育学部授業公開day


716日(月)海の日に埼玉大学授業公開デーとしておいてセンター代表、野村が大学の授業で行なっている「メディアと学習支援」の授業を大学外の参加者に向けて公開し実施ました。

メディアと学習支援の授業は毎年、教育学部の専門科目として開講されていますが埼玉大学の中でも小学校教員志望の学生が受講できる数少ないプログラミング教育に関する講義の1つです。



今回の公開授業では

・メディアがこれからどのように学校に入ってくるか

・これからの教育がどのように変わっていくか

という点についての講義を行いました。


 

その後、スクラッチとwe doを使って、扇風機を作りプログラミングをして動かしました。

実際のものづくりを通して身の回りの技術や、社会を理解していこうというコンストラクショニズム(構築主義)の考え方を体験的に学んでもらいました。








    

今回の参加者は受験を控えた高校生よりももう少し年齢の低い参加者が多かったですが、彼らが未来の埼玉大学生になってくれることを祈ります。(もちろんもっと多様な進路も応援します!)


13:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

ロボットと未来研究会FBページ