メニュー

STEM教育研究センターについてミッションプロジェクト体験・お申し込みお問い合わせ・情報発信
330194

活動日誌

ロボットと未来研究会 >> 記事詳細

2018/05/18

多賀城中学校来訪

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)

2018年5月18日に,多賀城市立多賀城中学校3年生の3名が修学旅行の研修の一環としてセンターを来訪しました。





3人は将来、ロボットを作る仕事やエンジニアの仕事に興味があるそうです。今回は,センターの代表でもある教育学部准教授の野村泰朗先生の研究活動についてご紹介いただきました。野村先生は,教育学部において将来教師を目指す学生に授業や教材の作り方をどう教えるか,という授業設計論や教材開発論が専門の一つですが,保育士や教員を育てると同時に仕事を支援することを目的するロボットの研究開発も手掛けていて,今回はこのようなロボット研究についてミニ講義を受けてもらいました。また,実際に研究に携わっている大学院生から研究テーマの説明を受け、その後,研究で利用しているソフトバンクロボティクス社のPepperのプログラミングに挑戦してもらいました。















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

野村先生は,“ロボットが先生に取って代わる“という視点ではなく、“ロボットがいかにして先生の仕事を支援できるか“というところに注目した研究を,研究室に所属する学生さんたちと一緒に進めています。


例えば、保育支援ロボットの開発では、保育にの日常業務を支援できるロボットの開発を行っています。ロボットを使って点呼をとったり、子どもの様子をカメラで記録したり、子どもの基本的な健康観察をすることで、保育士さんの仕事の軽減を目指します。

まだ人間にしかできない、より専門的な職務に集中して当たってもらうためにどのようなテクノロジーが必要かという点での活用を研究しています。技術者と現場の実践者のミスマッチが内容に現場に近い、臨床的な視点での研究を目指しています。


また教員の研修のためにロボットを活用しています。教育学部の学生は授業の中で指導案を書いて、模擬授業を行なっています。その模擬授業をロボットのやらせることで客観的に評価してみることでより良い授業作りができるようになることを目指そうという研究テーマです。


学校など教育現場におけるICT()Information communication technology)の導入はこれからの時代とても注目されている分野です。しかし、ICTの利用が目的化することで先生たちの余計な仕事が増える,ということとになっては本末転倒です。また,せっかく電子黒板のような新しい方法を取り入れているのに,今まで見たいな一斉授業や知識を詰め込むだけの授業をしていてはやはり本末転倒です。タブレットなどICT機器の導入は子どもたちの学び、それ自体を大きく変えてくれる可能性を持っています。どのように、どんな道具を使うかを考えるよいうことが教育を考える上では大切なことになるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その後、中学生たちは,Pepperをビジュアルプログラミングできる「コレグラフ」を使って,Pepperに音声認識機能を使って簡単な対話をするプログラミングに取り組みました。大学院生の説明を熱心に聞きながら、各自が設定したシチュエーションで会話を進行するプログラムを作りました。3人ともプログラミングをするのは初めてのようで、とても楽しみながらプログラミングをしました。最後には3人それぞれ作品を発表してくれました。


センターでは,このように学生の受け入れを積極的に行なっています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。



文責:小山航太



14:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

ロボットと未来研究会FBページ