メニュー

STEM教育研究センターについてミッションプロジェクト体験・お申し込みお問い合わせ・情報発信
404371

活動日誌

ロボットと未来研究会 >> 記事詳細

2018/07/27

STEM CAMP@さいたま =プラダンロボットでサッカーに挑戦=

Tweet ThisSend to Facebook | by:小山航太(管理者)







7
2627日(木・金)にさいたま市の大宮工房館にて

STEM CAMP@さいたま=プラダンロボットでサッカーに挑戦=

を実施しました。


1年生~中学2年生までの14名が参加してもCAMPとなりました。




まずプラダンを切って


モーター、タイヤを組み合わせて

ロボットの車体を作ります。








そして

センサーを取り付けます。

今回は床の白い線を見るためのセンサーと

ボールを見つけるための赤外線センサーを取り付けます。












そしたらプログラミングをしてロボットを動かします。

実際はバランスパーツを取り付けて

ロボットをまっすぐ走らせるのも一苦労です。


ブロックや組み立てキットを使ったロボットでは

説明書通りに組み立てればロボットは大体動きます。


ただ実際のモノづくりでは

自分で設計し

工具をうまく使って長さを図り

正確に加工することが大切です。









今回のポイントは

白線を見つけるため、ボールを見つけるためのセンサーの数字の設定

でした。





ロボットのどこにセンサーをつけるかや、

周りの環境によってセンサーは影響を受けてしまいます。



それを計算しながら何度もプログラミングをします。








CAMPでは2日間かけて

みっちり、じっくりロボット作りの取り組みます。

ご飯もみんなで食べて


みんなでホテルに宿泊します。






そして時間の許す限り

ある意味ストイックにロボット作りに取り組みます。




そんな活動の中にロボットつくりの”楽しさ”が見つかるのかもしれません。




STEM CAMPでは
自分でじっくり考えて苦労しながら取り組む

貴重なものづくりの体験を目指しています。




14:12 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)

ロボットと未来研究会FBページ