メニュー

STEM教育研究センターについてミッションプロジェクト体験・お申し込みお問い合わせ・情報発信
554861

活動日誌

ロボットと未来研究会 >> 記事詳細

2019/02/20

第3回STEM Education Conferenceを開催します

Tweet ThisSend to Facebook | by:STEM教育研究センター管理者
埼玉大学STEM教育研究センターでは2002年より、ものづくり・STEM教育に関する研究実践を行なっております。

2020年度から必修化が決まっている「プログラミング教育」をはじめ,STEM教育について幅広く情報発信や現場教員への支援を目的として「STEM Education Conference」を3月2日(土),3日(日)の2日間実施します。

ここでは,私どもが継続している実践研究プロジェクト「ロボットと未来研究会」第34期の最終発表会も兼ねておりますので,実際の私どもの提案する教育活動についてご覧いただくこともできます。

また,その中で特に3日には教員の皆様を対象としたイベントを次のように実施いたします。
==
「第3回 STEM Education Conference」教育関係者向け特別イベント開催概要

日時:3月2日(土)〜3月3日(日) 2日間
場所:埼玉大学総合研究棟(さいたま市桜区下大久保255)
後援:埼玉県教育委員会,さいたま市教育委員会

3月3日(日)【教育関係者向け特別イベント】
特別講演会:13:30〜14:30
「ロボホン開発現場からのメッセージ」
株式会社SHARP ロボホン開発チーム 景井様

STEM教育活動報告会:15:00〜16:00
文科省「新時代の教育のための国際恊働プログラム」最終報告会

STEM教育シンポジウム:16:00〜17:00
「日本型STEM教育とこれからの教員・学校」
2018年度埼玉大学では,文科省「新時代の教育のための国際恊働プログラム」を受託しSTEM教育研究センターが実施をしました。埼玉県内、さいたま市内の8名の小学校から高校まの先生方に,8月に米国ボストンのタフツ大学のCEEO(Center of Engineering Education Outreach)にて,1月にユタ州プロボ市のユタバレー大学(UVU)でと,米国で2度に渡ってSTEM教育の研修を受講いただきました。STEM教育を先導していると言われるアメリカで日本の先生方が得てきた知見をご報告いただき,今後どのように日本の教育に生かしていくことができるかフロアの皆さんを巻き込んで議論を深めます。
==

ぜひお誘い合わせの上,ご参加ください。教育関係者だけでなく保護者のみなさま,そしてものづくりに関心のある小中高校生のみなさんも楽しめる内容となっています。多くのみなさまの参加をお待ちしています。

詳しくはこちらからご覧いただけます。また参加お申し込みはこちらから受け付けております。

07:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項

ロボットと未来研究会FBページ